お薦めの通信講座

行政書士の通学講座には、LEC、TAC、資格の大原ほか有名校がたくさんあります。各予備校それぞれに講座の特色はあります。
しかし名門校ならどの学校を選んでも水準は一定以上の同等レベルにあるので、ここではランク分けを控えます。

資格の専門学校に比べると、通信講座は各社によりクオリティーがかなり異なるように思われます。資格の勉強の仕方が、教室講義からメディアを使った自宅学習に置き換わりつつあるとはいうものの、通信講座の歴史はまだ浅いので、仕方のないことかもしれません。
このペーでは、管理人自身が利用した講座も含め、お薦めの通信講座を紹介します。

第1位 フォーサイト

●テキスト テキスト重視で基礎の学力をしっかり身につけたい方、なおかつなるべく短い時間で効率よく勉強したい方にお薦めの講座です。
フォーサイトのテキストでは満点は取れません。しかし少ない分量のテキストを全部消化することで、確実に70%以上を得点できます。
フォーサイトは「合格点主義」との戦略で、重要論点だけを集め情報量を従来のテキストの2/3に。さらに概念要素は図表に置き換えることで、文字量をさらに圧縮しています。
独学と比べると、読んで覚える情報量が半分で済むのがフォーサイトのテキストです。
全国平均1.48倍の高合格率が、その実力を裏づけています。

●メディア教材 フォーサイトの講義DVDは、自宅学習専用にスタジオで収録されています。講義は実務家の福沢先生が担当。実務上でのエピソードも交えた講義は、行政書士の活動も思い浮かび、楽しく勉強できます。

●フォロー体制 パソコンシステム「道場やぶり」を使うと、学習管理が自動でできます。私もこの便利なツールにあやかり、長い試験準備を何度となく軌道修正して乗り越えています。またメール等での質問受付のレスポンスも非常に早いです。

●受講料/「基礎+過去問講座」(DVDコース) 74,800円
☆フォーサイトの詳しい情報はコチラへ⇒

第2位 エイプリルカフェ

●テキスト 平成21年度の試験では、同社のテキストの的中率は最大約90%でした。1位のフォーサイトに比べると、同社のテキストの情報量はいくらか多くはなりますが、出題範囲が十分に網羅されている点で、お薦めできます。

●メディア教材 音声のみの講義CDが74枚付いています。1枚に1時間の講義が収録されており、隙間時間を活かした勉強には最適です。

●フォロー体制 受講生の質問には、原則として24時間以内に回答を返信する「メールサポート24」。回答者はすべて合格者のスタッフにより行われています。

●永久サポート 万が一、申込みした年度に不合格になっても、教材に関する質問などの学習サポートを合格まで無料で受けることができます(※永久サポートは基幹講座受講生のみが対象となります。単科受講生・セレクトコース受講生・問題集を利用した方は申込み年度のみのサポートです)。

●受講料/入門完全合格コース94,000円~
☆エイプリルカフェの詳しい情報はコチラへ⇒

第3位 L・A(エル・エー)

●テキスト エル・エーの講座教材は、市販の基本書や問題集を効果的に組み合わせて制作しています。(2012年度テキストは日本経済新聞出版の『うかる!行政書士』シリーズが中心)。

『市販の教材が決してレベルが低いわけではないのです。編集の仕方次第で、質の高い講座を安価に提供できます』。エル・エーはそんな信念のもと、市販の教材を、文字情報と講義に丁寧に振り分け提供しています。

●メディア教材 通信教育専用に制作されたDVDが55枚ついています。

●合格祝い金制度
受講年度の試験に合格した場合、合格祝い金として、受講料の半額が返金されます。ただし、合格体験記と顔写真を提出する必要があります。
また不合格となった場合でも、翌年度の同一コースを、50%割引で申し込むことができます。
■受講料/89,000円
☆L・A(エル・エー) の詳しい情報はコチラへ⇒